ステンレス製ボールの亀裂修理

お菓子屋さんの厨房機器のメンテナンスをしている業者様からの依頼です。 業務用ミキサーのステンレス製ボールの保持プレート部に亀裂が入っていました。   亀裂部分をそのまま溶接しても表面だけくっつけることになり、内部まで溶け込ませることは難しいため、サンダーで開先(面取り)をとって内部まで溶け込みやすい形にして肉盛り溶接を行います。   作業時間 約1時間 加工費 参考 11,000円(税込み)

アルミ材質の特性・用途

純アルミ系 材質記号 A1050・A1070 特性 加工性・表面処理性・耐食性・溶接性・電気伝導性・熱伝導性に優れています。耐食性はアルミニウム合金中最良。強度は純アルミニウムのため低く構造材としては適していません。純度が低くなるにつれて強度は多少高くなり、赤外線の反射能が非常に高い。 用途例 A1050:反射板・照明器具・装飾品・溶接棒 A1070:化学工業タンク・電線等の導電材 Al Cu系- […]

ステンレス(SUS)について

ステンレス(Stainless)とはステイン(Stain)汚れ、とレス(Less)無いの造語で、12%以上のクロムを含んだ錆びにくい金属のこと。 その主成分は鉄ですので絶対に錆びないということは有りませんが、錆びにくいその秘密は「不動態化被膜」です。鉄に12%以上のCr(クロム)を含ませると、鉄が酸化するよりも先にCr(クロム)が酸化し、表面全体に酸化クロムの膜ができます。 この膜は、無色透明でと […]

溶接とは(溶接の定義)

材料に応じて、接合部が連続性を持つように、熱又は圧力もしくはその両者を加え、さらに、必要があれば適当な溶加材を加えて、部材を接合する方法。 溶接法を分類すると 溶接は、その接合の機構によって、融接、圧接、ろう接に分けられる。 融接: 被溶接材料(母材 )の溶接しようとする部分を加熱し母材のみか、または母材と溶加材(溶接棒など)とを融合させて溶融金属を作ってこれを凝固させ接合する方法。 機械的圧力は […]

自転車パーツの溶接修理・加工

フレームの亀裂、割れ(クラック)溶接修理 自転車のタイプ別では、ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、ミニサイクル、折りたたみ自転車の実績がありますが、多いのはロードバイクと折りたたみ自転車です。 フレーム材質の種類では、7005、6061、チタン、クロモリ、マグネシウムの実績があります。意外とクロモリは壊れにくいのか少ないです。 修理の場所は、シートチューブの上の部分やシートチューブとチ […]

1 21