溶接

2/2ページ

チタン溶接セミナー1日目

昨日の夜、福井を出発し今朝、千葉県に到着。 新日鉄に一番近い駅は青堀駅。 降りてビックリ。コインロッカーを探しましたがありません。 とりあえず、今日から泊まるホテルに荷物を預かってもらうことに。 新日鉄ウェルテックセンターには、ホテルから送迎してもらいラッキー。 4日間のセミナー参加者は、自分を含めて3人。 東大阪の真空職人さんと茨城の溶接オタクさんです。 今日から4日間宜しくです。 ぼちぼちメン […]

溶接体験教室

小学生高学年対象に溶接体験教室を実施します。 日程未定。 参加人数10人未満。 簡単な説明の後、安全教育。1時間。 溶接実習。1時間。 くれぐれも感電と火傷、目の溶接焼けに注意。 どうでしょう。面白くないですか。 今月中に資料製作し、12月中に第一回をやりたいです。 先ずは、自分の息子に挑戦してもらいますか。 本日のトレーニング   ランニング: 5K   目標100k/月  達成率13%     […]

溶接アーティスト

2006国際ウェルディングショーのHPに 「今注目の溶接アーティスト、小宮賢人さんをインタビューしました。」 の記事を発見しました。 溶接アーティストって? 記事を読んでビックリ。 溶接肉盛で妊婦の像!すっげー 発想もしなかった芸術です。自分もなんか、作ってみっかな。 それ以外に、自分が考えてた溶接教室をすでに実行している。 すばらしい。 本日のトレーニング   ランニング: 3K   目標100 […]

これも摩擦攪拌?

2006国際ウェルディングショーのページを見ていたら これ凄い。 http://www.weldingshow.jp/page/2005/09/post_31.html 本日のトレーニング   ランニング: 5K   目標100k/月  達成率15%      腹筋:30回      背筋:30回

摩擦攪拌接合

『マグネシウム合金の加工技術に関する最近の動向と今後』についての セミナーに参加してきました。 講演の中に『摩擦攪拌接合に関する状況と今後』があり、これを聞くのが 目的でした。 今まで話には聞き、非常に興味はあっても、今一ピンとこなかった。 それが、実際に加工しているビデオを見て、やはり凄い技術です。 特徴として 1.溶かさない低歪み接合 2.作業環境改善、省エネ 3.熟練工が不要 特に接合後の変 […]

TIG溶接機入院

どうも、最近TIG溶接機の調子が悪かった。 現象は、交流溶接のとき、始めのアークが飛ばない。 空押ししたときのビビビが鳴らない。 タングステン棒を接触させるとアークが出る。 ということでアルミの溶接が出来なかった。 ところが、直流溶接でも同じ現象が。 これでは使い物にならない。ステンも出来ないからだ。 購入した商社さんにTEL。 メンテの人が見に来てくれましたが、難しいそうで 入院の破目に。 元気 […]

溶接管理技術者試験【合格】

東京の授賞式から帰ってくるとうれしい出来事がもう一つ。 6月4日大阪で受験した溶接管理技術者試験の結果が届いていました。 【合格】ヤッター。 これで国際溶接スペシャリスト IWS International Welding Specialistに挑戦できます。 今年度中は、移行期間であるため比較的簡単に取得出来るらしいです。 これを持っているからどうだということは無いけれど、永久資格なので将来役に […]

溶接管理技術者試験

やっと気持ちが楽になりました。 この一ヶ月。試験があるというだけで変なプレッシャーがありました。 試験の出来は散々で、いかに自分があいまいに覚えていたのかを暴露すること になりましたがしたが、良い経験でした。 溶接技能者試験とはレベルが違う内容に、溶接について見直す機会になりました。 この知識を実際の仕事に生かして行きたいと思います。 今回だめだったとしても、また次回挑戦します。 福井から大阪産業 […]

溶接・接合技術入門研修

10/29から毎週金曜日の午後参加していましたが、今日と次回で終わりになります。 一週間早く修了証書をもらいましたが、良く続いたものだと感心します。 参加している人は、バリバリ溶接やっている人もいれば、設計の人もいるので溶接に関しての現場サイドの話が出来、楽しかったです。 後、来週1日がんばります。 六月実施される2級溶接管理技術者試験目指します。 本日のトレーニング   ランニング:20分(約ラ […]

豆腐型箱

豆腐型箱のコーナーに亀裂が入っていました。 アルミは年数が経っていると、不純物が混じるみたいで 溶接が難しくなります。 これが溶接屋泣かせ。

溶接の歴史

紀元前3000年頃に金属を接合する方法として、鍛接、リベット接合、ロウ付けが用いられた証拠がみられる。たとえば、メソポタミア地方で発見された雄鹿の頭部をあしらった銅製の飾り板(レリーフ)の枝角の接合にはロウ付けが用いられていた。 紀元前1400年ごろに造られた古代エジプト王、ツタンカーメンの黄金の棺の中から、鍛接したとみられる鉄製の装飾品が発見されている。 接合は古くから知られた技術であったが、近 […]

溶接の特徴と原理

溶接の特徴(リベット接合と比較して) 長所 1.継手構造が簡単になる。 2.材料や工数を少なくすることができ、経済的である。 3.継手効率が高く、また、優れた気密・水密性を有する。 4.厚さに関しては、ほとんど無制限に接合できる。 5.作業時の騒音が少ない。 短所 1.局部的な加熱冷却によるひずみが発生する。 2.残留応力が発生し、疲労強度、応力腐食割れなどに悪影響を与えることがある。 3.母材の […]