修理

4/6ページ

マフラー改良

マフラーの端部に、排ガスをクリーンにする装置を、直接溶接で取り付けました。 現在のマフラーにそのまま取り付けると、バンパーから飛び出してしまうことと、 バンパーに干渉するため、約30度の角度を付けてできるだけ短くしました。 石川からお越しのM様、溶接依頼有難うございました。 装着後の写真見せてくださいね。

ブレーキロッド

バイクのブレーキロッドです。 今使用中のものが、ボルト締め付け部で破損したため、 新しい部品を購入しようとしたが、型が古いため 部品が手に入らなかったそうです。 そこで、同じバイクの排気量が大きいものを転用するため サイズカットの依頼でした。 長さを合わせる為、破損したロッドを仮修復。 仮修復したものに合わせて、依頼品をサイズカットし溶接しました。 結局、仮修復させたものも、全修理しましたので、 […]

チタンマフラー修理

チタンマフラーの亀裂と言うか破断を溶接修理しました。 バイクチタンマフラーのステイが擦り減ったため、肉盛の依頼はあったけど車のマフラーは初めて。 タイコ部分とパイプ部分がきれいに破断していました。 チタン溶接は、シールドが命。

銅鍋修理

銅鍋底の穴修理です。 普通に見ただけでは、判りませんが太陽にかざすと確かに穴が開いていました。 底が熱で変形し、しわ状になったためコンロの上でこすられ、擦り減ったことが原因だと思います。 だいぶ、周りも擦り減っている感じ。 電流を出来るだけ下げて、直流TIGで肉盛しました。 写真は、裏から撮ってます。

オーブン用アルミ棚修理

パンを焼くためのオーブン用の棚です。 アルミ角パイプをコーナージョイントに差し込んであるだけのもの。 コーナージョイントは爪が付いていて、差し込むと抜けない構造になっているものの、使っているうちにガタが大きくなり棚自体がガタガタ動く状態になっていました。 その結果、角パイプに無理がかかり破断したみたいです。 先ずは、コーナージョイントのアルミ鋳物と角パイプを溶接にてぐらつかない様にしてから、破断し […]

1 4 6