製作

1/6ページ

HPで簡単見積り

vol.80 今年も何台か注文頂いた アルミ踏み台や作業台ですが お客様が自分で 見積り出来るようにしたいです。 セミオーダー化を考えています。 W600×D400×H300とH600のイメージ図です。 W、D、Hを決まった範囲内で選べば 簡単に見積り出来るようにします。 手すり付き踏み台のイメージ図です。 オプションで手すりやアジャスターボルトも 選べるようにする予定。

PDCAサイクルをうまく回す

vol.77 今回今までにない車庫を作ってみて 何点か改善点がありました。 製作する時の型合わせの方法。 組み立てる順序。 運搬の方法。 天秤棒の強度。 現場据付の方法。 現場溶接の順序。 仕上げの方法。 事前に予測して 対応策がたてれると良かったのですが やってみて気がつくことが多いです。 次回に活かせるように 資料をまとめます。

水勾配に合わせたアルミ製スロープ

vol.76   アルミ製スロープ納品しました。   以前ブログで紹介したスロープの記事を見て 問合せ頂きました。     鯖江市のサカエマーク様の 出入口の段差解消スロープです。  リフトに製品を乗せて 運び出すためのものです。   段差は30センチ スロープ長2メートル  縞鋼板 A5052 t4.5 リブ L6×50       GLも水勾配がついて右下がり。 結構難しい […]

欲しいけど手が届かない

vol.73 スキャナーの精度が違う FAROのフォーカスでは 150メートルで1ミリ単位の誤差です。 しかしながら、 手のひらサイズの物を ミクロン単位で測定するには厳しいです。 実績としては、 丸岡城の鬼瓦の3Dデータは測定しましたが 今回の案件では、 光の反射や対象物が細かい事もあり 断念! そこでFAROのアームで テストしてみました。 測定が早いことにびっくり。 それに合成も早い。 これ […]

初挑戦で試行錯誤

vol.71 車庫の最終仕上げ   今回初めて 鉄板貼り付け車庫を製作してみて 梁の上に鉄板を溶接すると 鉄板とH鋼の自重で 梁の中心部が下がってしまいました。   対策として、 H鋼の下部を炙って 歪みを取り 最終的に梁の中心部が若干凸になる様 調整しました。         次回は、 溶接前に逆歪みを作って挑戦します。  

バーべキューグリルのキャンペーンおかげさまで終了しました。

12月にBSフジ「所さんの世田谷ベース」で取り上げて頂いてから、お礼のキャンペーンを行ってきましたが本日、最後の一台を購入頂き、おかげさまでキャンペーン終了となりました。有難うございます。  お買い上げいただいた皆様には、今後バージョンアップ等も含めてご連絡させて頂きます。 また、使って頂いての改良点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 オリジナルパーツ製作も喜んでお引き受けいたします。 […]

七輪用鉄板

七輪用鉄板の製作依頼を受けました。 材質はSUS304(ステンレス製)で厚みが6ミリです。 淵は10ミリ角棒を全周溶接してありますが、スリットがあるので全周が必要なのか?どうしようか迷ったのですが、衛生上こちらの方が間違いないでしょう。 それにしても、高価な鉄板です。 鉄板は鉄製がおいしいと言いますが、どうなのでしょう。  

防火扉の設置

ガソリンスタンドの防火扉を設置。 雨の中、ブルーシートを張って雨よけ作って蝶番溶接してきました。 日曜日じゃないとダメって・・・ さすがに60Kgは重たい。 天気が良くなってから、塗装屋さんが仕上げる予定です。  

らせん階段現場設置

手摺りも出来あがって、本日らせん階段の柱とステージ・ステージ手摺りを設置してきました。 踏み台や手摺りは階段スペースの内装が終わってからということで、約1週間後です。    ベース板はt16ミリ。   2階から見降ろしたらこんな感じ。

螺旋階段の手摺り

 螺旋階段の手摺りは思った以上に手間がかかりました。 本来なら、踏板も手摺も組んだ状態でポンと設置できれば良かったのですが、住宅の屋根も壁も出来上がった状態のところに設置するため、手作業で運搬し、家の中で組み立てられる様、手摺の柱も分割式です。これが意外と厄介でした。 本日、柱だけ設置予定。 踏板と手摺は、壁のクロスが仕上がってからです。

1 6