仕事

1/2ページ

アルミ材質の特性・用途

純アルミ系 材質記号 A1050・A1070 特性 加工性・表面処理性・耐食性・溶接性・電気伝導性・熱伝導性に優れています。耐食性はアルミニウム合金中最良。強度は純アルミニウムのため低く構造材としては適していません。純度が低くなるにつれて強度は多少高くなり、赤外線の反射能が非常に高い。 用途例 A1050:反射板・照明器具・装飾品・溶接棒 A1070:化学工業タンク・電線等の導電材 Al Cu系- […]

ステンレス(SUS)について

ステンレス(Stainless)とはステイン(Stain)汚れ、とレス(Less)無いの造語で、12%以上のクロムを含んだ錆びにくい金属のこと。 その主成分は鉄ですので絶対に錆びないということは有りませんが、錆びにくいその秘密は「不動態化被膜」です。鉄に12%以上のCr(クロム)を含ませると、鉄が酸化するよりも先にCr(クロム)が酸化し、表面全体に酸化クロムの膜ができます。 この膜は、無色透明でと […]

溶接とは(溶接の定義)

材料に応じて、接合部が連続性を持つように、熱又は圧力もしくはその両者を加え、さらに、必要があれば適当な溶加材を加えて、部材を接合する方法。 溶接法を分類すると 溶接は、その接合の機構によって、融接、圧接、ろう接に分けられる。 融接: 被溶接材料(母材 )の溶接しようとする部分を加熱し母材のみか、または母材と溶加材(溶接棒など)とを融合させて溶融金属を作ってこれを凝固させ接合する方法。 機械的圧力は […]

ガーデニングチェアー修理

問い合わせでは割れた箇所は少なかったのに、送られたきた修理依頼品を見てビックリ。 合計10箇所以上。どうしてこんなに割れたのだろう? 材質がアルミ鋳物だったのでまだ良かったが、鋳鉄だったらもっと時間がかかったであろう。 写真は溶接修理後に修理箇所だけ塗装したところ。色が合わない。 銅の錆びたような色は色合わせが困難。・・・なんかいい方法はないかな?

車椅子改造

車椅子に乗る方の症状はいろいろ。 やはり一台一台合わせる必要があります。 フッドレストのサポートの位置変更と操作BOXの位置変更が簡単に出来るように改造しました。

真鍮の看板

看板を取り外してほしいから、ガス切断器持ってきてくれと電話を頂きました。 早速、駆けつけるとレンガの壁にコレが埋め込まれていました。 設置状況を確認すると、壁をぶち抜いて壁の裏でナット止め。 結局スパナ一丁で、終わりましたが、看板が重い。 1m角ぐらいで、二人でやっと持ち上げられる。 どうも真鍮の鋳物みたい。真鍮って鋳物にできるの? でもこんな看板って幾らぐらいするのだろう。 鋳物だから型はいるだ […]

アジャスターをキャスターに

機械の下についているアジャスターですが、4角のうち2箇所はキャスターが付けられていて、もう2箇所は写真のようなアジャスターが付けてあります。 めったに移動させないものはこの手が多いですが、移動させるためにはアジャスター側を持ち上げて移動させなければなりません。 その不便さを解消するためにアジャスターをキャスターに改造しました。 アジャスターの高さが変わらないように付けてあります。

アルミ柄杓持ち手修理

10日ぐらい前に連絡頂いたお客さんから、昼過ぎに電話がありました。 「今日はお休みですか?」 たまたま工場に出ていたので、 「いいですよ。持ってきてもらっても。」 「加賀からなので3時過ぎには、いけると思います。」 ってことで、3時過ぎから修理開始。 なんでも、お餅屋さんで米の計量に使うとか。 製造中止のため、どうしても修理して使いたい。と 持ち手は木ですが、ねじ込み式になっていて アルミの柄杓に […]

鍋持ち手改造

アムウェイの鍋は高額商品で有名ですが、意外と持ち手が弱い。 何度かネットから修理依頼を受けていますが、こんな改造は初めてです。 今までは、鍋にスポット溶接してある雌ネジを利用して、持ち手を固定していましたが 今回は違います。 雌ネジまでも取ってしまい、ステンレス製丸棒を曲げ加工した持ち手を、直接鍋に溶接 するものです。 見た目はシンプルでなかなかお洒落です。 実はこんな持ち手の鍋がすでにあります。 […]

キャスター付きスロープ

カヌー友達で運送会社勤務のKさんから依頼されたスロープを納品してきました。 運送会社の出荷場のGLはトラックの荷台の高さに合わせてありますが、トラック駐車場をアスファルトで舗装し直したら段差が出来てしまい、それを解消する為のものだそうです。 性能的には、3tの荷重に耐えハンドリフトで簡単に移動させられるものでした。 構造は厚み9ミリの縞鋼板にリブ板を付け、前面をキャスター付きハンドル(てこ)で 持 […]

キャスター治具

長尺物の専用パレットに荷物を載せたままで移動させれるように、取り外せる キャスター治具を作れないかというお話でした。 こんな感じで試作品作ってみました。 試作品では、キャスター幅をもう少し広げて安定させることと、固定ネジのところに ガード用のバーを付けるという提案を頂きました。 で、完成品です。 写真では良く判らないので、今度使用中の写真を頂く予定。 後は実際に使って、使い勝手を確かめていただきま […]

側溝用スクリーン(メザラ)

側溝用スクリーン納品してきました。 お客さん会社の前の側溝で、長さ20mくらいありますか。 全部グリッチングの溝蓋がしてあります。 雨が降ると、近くにある自動販売機の空き缶やゴミ・枯れ草などが全部側溝に流れ込み 会社の従業員が蓋をめくって掃除していたそうです。 大変だから、何とかしてという依頼でした。 そこで作ったのがコレ。 SUS304 フラットバー(平鉄)に穴をあけ丸棒を通して溶接。 ゴミ取り […]

東屋製作5(最終回)

無事、柱の上に据え付けることが出来ました。 現場搬入後、ユニックで吊り上げすでに立ててある柱の上に。 製作依頼された自治会の皆さんも立会いに来られ、緊張の瞬間。 スッと接合部にボルトがぴったり。 慎重に固定した後、最後の仕上げ。 養生テープを剥がし、水洗いによる水滴痕をきれいにふき取り、引渡し完了。 下から覗き上げると自分の顔が映るって面白い!。 本日のトレーニング   ランニング:5k    目 […]

東屋製作4

電解酸洗い及びバフ研磨。 リブ板の切り口がレーザー加工のクリーンカットと言え、やはり熱が加わった分 焼けている。切断面が今回の東屋では重要なポイントなので丁寧にバフ研磨後 電解酸洗い。 今までの電解酸洗いは、強い酸性の液を使っていましたが、時間が経つと 板の合わせ目から、にじみ出て来て汚くなる事があった。 今回はこれがあっては非常にまずい。なんといっても屋根の内側は、オール磨きで 見た目勝負。 と […]

東屋製作2

屋根板、4面とも溶接完了。 板厚3mmもあるのであまり気を使うことなく全周溶接出来た。 問題はこれから。ひっくり返して裏のリブ板をケガキ線に合わせて溶接。 これがリブ板溶接箇所が歪んでピタリというわけにはいかない。 ここからが腕の見せ所。 今日はこんな状態です。この続きは明日。 本日のトレーニング   ランニング:30分 (約5k)            目標100k/月  達成率8.5%     […]

東屋の進捗

東屋、今日はここまで。 屋根板を仮組みし、寄せ棟部に補強用のプレートを当てました。 これで、全体のイメージが何となくわかってきました。 とんがったリブが屋根板に隠れやっと安心して作業が出来ます。 明日は残りの屋根板を仮組み後、いよいよ棟部の溶接に入ります。 横でやっていた作業。 仕出屋さんの包丁研ぎ機。 水を砥石にかけながらの使用で、砥石以外錆でボコボコ。 東屋の残り材料を利用してリメイク。 師匠 […]

オールSUSの東屋

ちょっとづつ形になってきました。 今まで角パイプなどでフレームを組んで、屋根を乗せていた構造を 思い切って板材のみで組み上げていきます。 材料は磨きなので仕上げに時間がかかりそうですが面白い物が出来そうです。 これから酸洗いで焼けを取ってから、屋根板の貼り付けに入ります。 現場の柱は、一ヶ月前から建っているので屋根を待つのみ。 今まで工場がISDN回線で非常に遅かったのをケーブルTVのインターネッ […]

配管フランジ溶接

フランジの穴位置合わせや、枝分かれ配管のセンターが一発で合わせられるのが 非常にらくちん。 フランジ間の距離やフランジのかたがりを気にしなくて良いのもうれしい。 同じ品物が10個ぐらいあると、もっと違っていたかも。 でも今回は5個。よしよし。 治具の組み立て方がノウハウなんだろう。もっと事例を増やして 有効活用するでござる。