ブログ

4/4ページ

東屋製作2

屋根板、4面とも溶接完了。 板厚3mmもあるのであまり気を使うことなく全周溶接出来た。 問題はこれから。ひっくり返して裏のリブ板をケガキ線に合わせて溶接。 これがリブ板溶接箇所が歪んでピタリというわけにはいかない。 ここからが腕の見せ所。 今日はこんな状態です。この続きは明日。 本日のトレーニング   ランニング:30分 (約5k)            目標100k/月  達成率8.5%     […]

東屋の進捗

東屋、今日はここまで。 屋根板を仮組みし、寄せ棟部に補強用のプレートを当てました。 これで、全体のイメージが何となくわかってきました。 とんがったリブが屋根板に隠れやっと安心して作業が出来ます。 明日は残りの屋根板を仮組み後、いよいよ棟部の溶接に入ります。 横でやっていた作業。 仕出屋さんの包丁研ぎ機。 水を砥石にかけながらの使用で、砥石以外錆でボコボコ。 東屋の残り材料を利用してリメイク。 師匠 […]

オールSUSの東屋

ちょっとづつ形になってきました。 今まで角パイプなどでフレームを組んで、屋根を乗せていた構造を 思い切って板材のみで組み上げていきます。 材料は磨きなので仕上げに時間がかかりそうですが面白い物が出来そうです。 これから酸洗いで焼けを取ってから、屋根板の貼り付けに入ります。 現場の柱は、一ヶ月前から建っているので屋根を待つのみ。 今まで工場がISDN回線で非常に遅かったのをケーブルTVのインターネッ […]

配管フランジ溶接

フランジの穴位置合わせや、枝分かれ配管のセンターが一発で合わせられるのが 非常にらくちん。 フランジ間の距離やフランジのかたがりを気にしなくて良いのもうれしい。 同じ品物が10個ぐらいあると、もっと違っていたかも。 でも今回は5個。よしよし。 治具の組み立て方がノウハウなんだろう。もっと事例を増やして 有効活用するでござる。

ステンレスの表面仕上げについて

以前、書こうと思って書いた無かったステンレス表面についてです。 平鉄、通称フラットバー FBでは、ホットHOT・コールドCOLD・ヘアラインHL・ 研磨#400が一般的です。 ホットは、熱間圧延材で表面が白っぽく、ざらっとした感じです。 コールドは、冷間圧延材で表面がつるっとして若干光っています。 ヘアラインは、縦方向にスジ(ライン)が入っています。 #400は、400番の研磨材です。顔がぼやっと […]

リフトのコマ修理

瓦屋さんからの依頼で、瓦を屋根の上まで運ぶリフトを溶接修理しました。 ちょうど上りきって曲がる部分です。以前どこかで修理した形跡がありましたが 正にそこから折れています。 まさかうちが修理したところ?・・・ 見るとガス溶接の痕。うちではこんなとこでガス溶接はしません。 やっぱり、他でやってもらった痕でした。ホッ。 まずは、アルミのレールから外し、折れた箇所をカットして新しく丸棒にて 修復完了。 ま […]

蓋はさみ金具製作

コレは、蓋をめくるときに使う金具です。 何の蓋かは、明日報告します。 本日のトレーニング ランニング 30分 腹筋    30回 背筋    30回 少し体が慣れてきたかな?

S××Cの溶接

SS材より硬い材料で作ってほしいという依頼がありましたので、ちょっと調べてみま した。 機械構造用炭素鋼の溶接は、一般の鋼材(SS材・SM材)に比べ炭素量が高めであり 、溶接性が悪い。やっぱりって感じです。 これらの鋼材に対して、同一化学成分の溶接材料はなく、溶接部に要求される性能によ って溶接材料を選定するそうです。 ただ単に接合する場合は、低強度で耐割れ性の良好な低水素系溶接材料や、ステンレス […]

鉄骨車庫

朝から雪が降る中、鉄骨車庫を建てた。 今まで、屋根は折板が多かったため、デッキプレートを敷くのは初めて。 平らな部分が長いほうが、下側か上側か? 今回は下が車庫、二階は木造の部屋にする。 よって、コンクリートを流すため厚みが多く取れるよう、平らな部分を下にした。 雪降りでの外仕事は大変。つるつる滑りまくりでした。 危ない。危ない。・・・

アルミ製歩行器

近くのおじいさんから、新しい歩行器を購入するまでの間使いたいので くっつけてほしいとの依頼でした。 どうせ新しいのを購入するんだったらもったいないですよ。 買うほども掛かりませんが、手間掛かりますよ。 と言ってもどうしてもと聞かない。 結局、やることになり溶接しましたが、薄肉パイプで結構手間が掛かりました。 つなぎのパイプを固定するためのビス穴が開いているため、構造上どうしても 弱い箇所になってま […]

溶接機コイル端子

溶接機内のコイル端子です。 長い間使っている間に、端子が疲労し折れてしまったものです。 何で、端子がアルミなのか?疑問。 それはさておき、無くなった端子を製作。 厚さ4mmもあれば大丈夫だろう。Φ8のビス穴をあけ 残っている端子に溶接。 交流tig溶接にてこんな感じに。 まだまだ、(溶接機)働いてもらいます!

充電たまご

おもしろい物見つけました。「手まわし充電たまご」です。 今まで手回しで、LEDライトが付いたり、ラジオが聞けるというのは見たことがあったが、これは携帯電話に受電できるというものです。 手まわし120回で   ラジオ           約60分   携帯電話 連続待ち受け時間 約90分        連続通話時間   約 3分   LEDランプ 点灯時間   約30分   サイレン         […]

ダンプフレーム溶接

ダンプのフレームに亀裂が入ったから、溶接してほしいと電話があり、引き受けたのですがダンプはデカイ。 うちの工場に入れると、いっぱいいっぱいで横を歩くのもカニさん状態になっちゃいました。 亀裂の場所は、バケットのヒンジを支えるフレームで両側に長さ5cmづつありました。負荷が一番掛かるところなのでしょう。 ちょうど後ろ側で作業は、潜ることなく終了。よかった。!(^^)!

水切り台車

【水切り台車製作】 洗った野菜とか入ったザルをそのまま台車で運ぶため、水が床に落ちるのを防ぐ水切りを付けた台車です。 水切りの下に付けたバルブを、運んだ先のホースにドッキングさせ、溜まった水を、排水溝に流す仕組みです。 《材質》水切り:SUS304(ステンレス)厚み(t)1.5mm     柱  :SUS304 L(アングル)3mm×40mm     渡し :SUS304 L3×30     キャ […]

1 4