鍋持ち手

鍋持ち手

知っている人は知っているA社の片手鍋です。
鍋との接続部分が熱によって劣化して割れることがります。
持ち手取り付けようのボルトが付いているので、それを利用しました。

金具を作って木の柄を固定。
今一ぐらつく。

金具に木の柄を差し込めるようパイプを溶接。
木の柄をパイプ下からビス止めしてOK。

修理カテゴリの最新記事