真鍮鍋の持ち手

真鍮鍋の持ち手

真鍮鍋にステンレスの持ち手を、リベットで止めてありました。
使ってるうちにリベットがゆるくなり、ぐらぐらになってきたものです。

リベットで止めてある穴が、裂け気味になっていてリベットでは無理。
銅の板を細くカットしたものを溶加棒の代わりにTIG溶接。
思った以上に上手くいきました。

修理カテゴリの最新記事