溶接の特徴と原理

NO IMAGE

溶接の特徴(リベット接合と比較して)

長所
1.継手構造が簡単になる。
2.材料や工数を少なくすることができ、経済的である。
3.継手効率が高く、また、優れた気密・水密性を有する。
4.厚さに関しては、ほとんど無制限に接合できる。
5.作業時の騒音が少ない。

短所
1.局部的な加熱冷却によるひずみが発生する。
2.残留応力が発生し、疲労強度、応力腐食割れなどに悪影響を与えることがある。
3.母材の性質が溶接熱によって変化することがある。
4.構造物としてのぜい性破壊の発生に注意が必要となる場合がある。
5.溶接金属という新しい異質な材料ができる。
6.溶接欠陥の検出には非破壊試験が必要である。

「溶接」の定義
2個以上の部材を、その接合部が連続性を持つように、熱または圧力、もしくはその両方を加え、さらに、必要があれば適当な溶加材を加えて、部材を一体化する操作。

溶接の基本は、金属原子同士に生ずるような、強い結合を利用して接合すること。

溶接カテゴリの最新記事