時計金具修理

NO IMAGE

掛時計の機械取り付けアームの根元の部分です。
1018_001
鋳物の部品に鋼製のアームがリベットで止めてあった部分が折れていました。
鋼製のアーム部分のみ溶接しました。
茨城県のKさま、修理依頼有難うございました。
嬉しいお言葉を頂きましたので添付しちゃいました。
どうも有難うございます。これで時計が再び生き返りました。
諦めていたので、感激しました。それに、たいへん綺麗な仕上がりで、驚きました。本当に助かりました。これからも、われわれの味方として頑張ってください。
1018_004

ブログその他カテゴリの最新記事