優勝カップの持ち手修理

NO IMAGE

優勝カップの持ち手が片方ポロリ。
優勝カップの持ち手

本来ならロウ付けでしょうが、メッキが焼けてしまうため、半田付けにて修理。
結構腐食も進んでいたため、ロウ付けして再メッキをお勧めしましたが予算が無いということで、なるべく目立たないように半田付けしました。
金属修理の事なら、溶接屋.com

ブログその他カテゴリの最新記事