チタンフレーム修理

チタンフレーム修理

自転車のチタンフレームは意外に簡単に割れるもんだなー。
なんか思いながら溶接修理。

チタンフレーム全体

チタンの溶接はバックシールドとアフターシールドをしっかりしてやれば
それほど難しい溶接ではないが、どうシールドするかが考えどころ。
溶接部がちょっとでも酸化した場合は、特に割れやすいから注意が必要です。

チタン割れ

それにしても薄い。材料の厚みは1mmぐらい。
軽くしたいのは判るがいくらなんでも薄すぎででしょう。
自転車のフレームについては詳しくありませんが、これが普通?

チタン溶接修理

アルミフレームの場合は、酸化に関してはチタンほど気を使わずにすむので
修理しやすいです。

自転車フレーム

溶接カテゴリの最新記事