アルミ柄杓持ち手修理

NO IMAGE

10日ぐらい前に連絡頂いたお客さんから、昼過ぎに電話がありました。

「今日はお休みですか?」
たまたま工場に出ていたので、
「いいですよ。持ってきてもらっても。」
「加賀からなので3時過ぎには、いけると思います。」

ってことで、3時過ぎから修理開始。

なんでも、お餅屋さんで米の計量に使うとか。
製造中止のため、どうしても修理して使いたい。と

持ち手は木ですが、ねじ込み式になっていて
アルミの柄杓に雌ネジの付いたプレートが、リベットで止めてありました。

しかしこのプレートが薄いため、疲労で割れリベットの穴付近で裂けて
いました。

何とかこの薄いプレートを溶接しようと試みましたが、解けてもっとひどいことに。

結局、木の持ち手を柄杓に付けれればOKなので、木の持ち手に合わせたステンパイプ
をステンのプレートに溶接し、ポップリベットで固定しました。

また、柄杓が活躍できそうで良かったです。
加賀から修理にお越し頂き有難うございました。

本日のトレーニング
  ランニング: 5K(久しぶり)目標100k/月  達成率23%
     腹筋:30回
     背筋:30回

仕事カテゴリの最新記事