アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

S××Cの溶接

SS材より硬い材料で作ってほしいという依頼がありましたので、ちょっと調べてみま
した。

機械構造用炭素鋼の溶接は、一般の鋼材(SS材・SM材)に比べ炭素量が高めであり
、溶接性が悪い。やっぱりって感じです。

これらの鋼材に対して、同一化学成分の溶接材料はなく、溶接部に要求される性能によ
って溶接材料を選定するそうです。

ただ単に接合する場合は、低強度で耐割れ性の良好な低水素系溶接材料や、ステンレス
鋼と炭素鋼の異材溶接などに使用する309系オーステナイト系ステンレスの溶接材料
を選びます。

単に接合する場合、
種類            SMAW    GMAW    GTAW
S30C~S58C     LB-47   MG-50   TGS-50

また、母材に近い強度を望む場合には、耐割れ性を考慮しながら強度レベルの近い溶接
材料を選びます。

母材に近い強度を望む場合
種類            SMAW    GMAW    GTAW
S30C~S33C     LB-52   MG-50   TGS-50
S35C~S43C     LB-62   MG-62   TGS-62
S45C~S53C     LB-106  MG-70   TGS-80AM
S55C~S58C     LB-116  MG-80   TGS-80AM


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA