割れ・クラック・ヒビ・マフラー修理・自転車フレーム修理・鍋持ち手修理
金属修理専門サイトTOPご依頼の流れ会社概要アクセスサイトマップ

 

金属製品の割れ、ヒビ、クラック、折れ、また溶接部分の剥がれなど、修理に関するお問い合わせにお答えします。

お直しランキング

1、車・バイクのマフラー修理
 チタン製やステンレス製のフランジ部分やステー、溶接部分の割れがほとんどです。修理金額はステンレス製マフラーの場合で15,000円から20,000円。チタン製マフラーで25,000円から30,000円です。納期は1週間です。よくある質問で凹みが治りますか?というのがありますが、残念ながら弊社では対応できません。

 

溶接屋.comへのお問い合わせはこちらから

2、自転車のフレーム修理
 アルミ製7005番のフレームやチタン製フレーム、マグネシウム製フレームの溶接部亀裂やシートポスト部分割れが多いです。もっとも多いのはBD-1のフロントフォーク部分の割れです。部品的に交換もしてくれるみたいですが、溶接修理で肉盛りして強度を出したいと言われる方が多いです。修理金額はアルミ製の場合15,000円から20,000円、チタン製の場合25,000円から30,000円、マグネシウムの場合35,000円から40,000円です。納期は約1週間です。溶接修理ですので塗装は溶接熱で剥がれます。塗装仕上げをご希望の方は別途料金で対応させていただきます。

 

溶接屋.comへのお問い合わせはこちらから

3、鍋の持ち手修理

 ステンレス製やアルミ製の鍋の持ち手修理です。修理を依頼されるお客様はセットで高価な金額で購入されたものや、お母様おばあ様の時代から使っている愛着のある鍋を使っている方が多いです。長年の使用で樹脂部分が腐食し外れてしまっているものを、鍋に合わせてステンレス製の持ち手作り交換します。鍋の形状にもよりますが金額は片手なべの場合6,000円から、両手なべの場合10,000円からになります。納期は約1週間です。寸胴鍋にコックを付ける要望にもお答えしております。寸胴鍋もこちらで用意できますので容量をご連絡いただければお見積させて頂きます。

 

溶接屋.comへのお問い合わせはこちらから