アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

HPからの問い合わせ

インコネルとSUSの溶接相性についての問い合わせがありました。
詳しく知らないため調べることに。

インコC-276
   一般的性質:炭素量が極めて少ないため、溶接熱影響部での炭化物析出を抑制し
         、溶接後の熱処理をしなくてもあらゆる雰囲気の機器に使用される。

     耐食性:広範囲の化学工業における各種の強い腐食雰囲気で使うことが出来
         る。成分元素中のニッケルとモリブデンは還元雰囲気での耐食性、
         クロムは酸化雰囲気での耐食性を著しく向上させる。更にモリブデ
         ンは孔食のような部分的腐食に強い抵抗力を与える。
         また、炭素含有量が少ないため溶接後の耐食性も良好。
    
     溶接性:通常の溶接法によって同種、異種溶接が可能。

    溶接材料:JIS YNiCrNo-4相当

インコネル601
   一般的性質:優れた高温特性を備えた固溶体の合金。1260℃までの高温において
         、耐酸化性と耐スケール剥離に優れた特徴があります。高クロム量
         によって、耐酸化性、耐浸炭性と耐浸硫性を有し、更に耐酸化性は
         アルミニウムとニッケルによって強化されている。

     耐食性:高温用に特に適した合金で、繰り返し酸化と、高温酸化に対して優
         れた抵抗力を示す。
    
     溶接性:通常の溶接法によって同種、異種溶接が可能。

    溶接材料:JIS YNiCrNo-3相当

ハステロイC,ハステロイC-276の溶接。ハステロイCと他の材料との異材溶接。
                  溶接材料:JIS YNiCrNo-3相当

9%Ni鋼の溶接。インコネル600およびインコロイ800の溶接。ステンレス鋼とCr-Mo鋼などの異種金属の溶接。        溶接材料:JIS YNiCrFe-5相当

インコネル600の溶接。インコネル合金とステンレス鋼、炭素鋼などの異種溶接。
                  溶接材料:JIS YNiCr-3相当

インコネル625の溶接。インコネル合金とステンレス鋼、炭素鋼、高ニッケル合金などの異種溶接。             溶接材料:JIS YNiCrMo-3相当

等々でした。なるほど、意外と相性いいかも。


SNSでフォローする
コメント (2)
  1. キタヤマ2 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    順調ですね。
    といあわせってやっぱうれしいですよね。
    うらやましい~~
    オレもがんばるぞ~~~

  2. watashige より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんわ。
    HP問い合わせおめでとうございます。
    インコとSUSはやったことありますよ。
    パイプ+フランジみたいなやつでした。
    溶接形状がわかりませんが、Ni系合金なので愛称はおっしゃるとおり悪くありません。
    フィラーはよくわかりませんが、希釈に気をつければいかがでしょうか?(高Ni系のもの)
    間違っていたらスイマセン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA