アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

鍋持ち手修理

愛着のある片手鍋だから、持ち手を直してほしい。 って依頼でした。 お話を伺うと、進駐軍の払い下げだとか。 木の柄の部分が回ってしまうから使い辛い。と 最初は簡単。裏からビスでもんでしまえば回らないようにすることは出来る。と思いましたが とりあえず、分解。 構造的には、木の柄には回転しないようにホゾ加工してあったものが、長い間使っているうちに 木がぼけてホゾがなくなっていた。 ビスでもむ必要もなく、木の柄を180度回転させ、新しくホゾ加工し装着。 バッチリ。回転なし。 鍋の持ち手に、ビス穴加工して傷をつけることなく、問題解決できてよかった。 ・ ・ ・ ・ これって溶接屋の仕事? ま、いいか。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA