アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

銅鍋修理

銅鍋底の穴修理です。 普通に見ただけでは、判りませんが太陽にかざすと確かに穴が開いていました。 0515_001_1 底が熱で変形し、しわ状になったためコンロの上でこすられ、擦り減ったことが原因だと思います。 だいぶ、周りも擦り減っている感じ。 電流を出来るだけ下げて、直流TIGで肉盛しました。 0515_009_1 写真は、裏から撮ってます。
SNSでフォローする
コメント (2)
  1. 岡松麻衣 より:

    ステンレスの片手鍋の取っ手がネジを締めなおしてもすぐにまたとれてしまいます。修理をお願いしたいのですが、おいくらぐらいかかるのでしょうか?

  2. 上田 より:

    石川県金沢市からです。
    直形60cm.高さ37cmの業務用銅鍋に長年による使用で亀裂が入りました。
    修理を依頼すると、修理日数と金額を教えて頂けないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA