アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

真鍮鍋の持ち手

真鍮鍋にステンレスの持ち手を、リベットで止めてありました。 使ってるうちにリベットがゆるくなり、ぐらぐらになってきたものです。 リベットで止めてある穴が、裂け気味になっていてリベットでは無理。 銅の板を細くカットしたものを溶加棒の代わりにTIG溶接。 思った以上に上手くいきました。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA