アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

現場修理

今までで一番遠い出張修理でした。

昨日の夜、メールを確認したのが午後10時。
「緊急事態発生」というタイトル。

一瞬、スパムかと思ったがどうやら違うみたい。
内容を読むと、これは大変。

どうやら、ネットで仕事をさせてもらった大分のN様からだ。
お盆休みで信州に旅行中に事態が発生した模様。

上越JCTから登ったPAで立ち往生していると言うものでした。
モノは、キャンピングカーのヒッチ。
溶接箇所が割れて、トレーラーを引けない。

こちらで(新潟で)出張修理やってくれる同業者さん紹介してという
内容だったが、あいにく知らない。

長岡にいる弟に連絡してみたが、弟も知らないらしい。
時間も時間だったので、自分が向かうことに決め、連絡を入れた。

それから、現場作業の準備をし溶接機を積み込み出発。
時間午後10時30分、片道約250K。

本日、午前1時10分 PA到着。

なんと、溶接箇所が割れたのではなく、溶接した角パイプt4.5の75×75が
ものの見事に引きちぎれているといった感じ。
上高地付近で道が悪く、結構トレーラーがはねたみたいで
「パキッ」と音がしたらしい。

とりあえず、応急処置。
割れた部品を位置をしてずらして溶接し、使用してない部品を利用して補強。
ちょうど田安鉄工が帰り道になるため、工場に寄って本格的に補強予定。

午前2時30分作業終了。片道約250Kを家に向かう。
途中、あまりにもきつい睡魔に襲われたため、PAにて仮眠1時間。
午前6時10分工場着。後片付け後、子供とラジオ体操。

9時45分。N様、工場到着。
応急処置部をすべて解体し、本格的に補強修理。

13時。ヒッチ取りつけ完了。N様出発。

鹿児島の焼酎頂きました。
暖かいお心使い有難うございました。

昨日の夜から、長丁場になりましたが、ネットから始まったご縁で
頼りにしてくださった事、喜んでいただけた事が、うれしかった1日です。

N様、帰りの道中、御安全に旅行を楽しんでください。
有難うございました。


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA