アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

欲しいけど手が届かない

vol.73
スキャナーの精度が違う

FAROのフォーカスでは
150メートルで1ミリ単位の誤差です。

しかしながら、
手のひらサイズの物を
ミクロン単位で測定するには厳しいです。

実績としては、
丸岡城の鬼瓦の3Dデータは測定しましたが
今回の案件では、
光の反射や対象物が細かい事もあり
断念!

そこでFAROのアームで
テストしてみました。


測定が早いことにびっくり。
それに合成も早い。

これを活用しているのは、
主に検品用だそうです。

3DーCADデータと測定データの比較を
瞬時に行い、誤差範囲に入っているかを
判定するというものです。

リバースエンジニアでの
単品もののデータ採取に使うには
高価すぎて、
償却出来そうもありません。

見合う価値を考えなければ!


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA