アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

マニホールドフランジ修理

0515_001_2 キャブとエンジンの間のアルミ鋳物製マニホールドの修理です。 フランジ部で折れていたものを、TIG溶接にて肉盛しました。 接触面のOリング溝がちょっと心配。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA