アルミニウム・マグネシウム・チタン・ステンレス・銅合金・鉄などでお困りの際は、お気軽にお問合せください。

ホンダXLR250Rのピストン修理

ホンダXLR250Rのピストンの修理ですが、なんと41年前のバイクだそうです。 ピストン修理前 腐食部分を削り取り、TIG溶接で肉盛り溶接後、サンダー仕上げ。 まだまだ頑張ってほしいですね。 バイク部品の溶接修理は、溶接屋.comまで
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA